■ファンダメンタル分析とテクニカル分析

どの銘柄に投資すべきかを考える時によく利用される手法が、ファンダメンタル分析とテクニカル分析です。と言っても、海外FXでやってみたいけど初めて聞く人にはどのようなものかわかりにくいものです。


この二つの分析手法、特にテクニカル分析は複雑ですので

[銘柄選定:ファンダメンタル分析]

[銘柄選定:テクニカル分析]

 

のページで詳しく紹介していきます。ここでは、二つの手法の概略を見ていきましょう。

 

■ファンダメンタル分析

nice template

ファンダメンタル分析とは、投資を考えている企業について、財務状況や業績を分析する手法です。 売上金額や収益の状況を確認することは、投資先の選定には不可欠ですね。 これらを調べるには、会社四季報や、新聞・テレビ・インターネットのニュースを利用します。


なお、四季報やニュースの見方については、[会社四季報の読み方]、[ニュースの読み方]のページを参照してください。

・長所は?
3年、5年、10年後といった、企業の長期的な成長力を予想することができます。
株を長期に渡って運用するならば、ファンダメンタル分析を利用することで、YBINARYでバイナリーオプション取引でもできる、相場の短期的な上がり下がり、いわゆるハイローを気にせずに運用できます。

・短所は?
企業の長期的な成長について分析する手法ですから、3年、5年、10年後など、何年もたたないと分析が妥当だったのかどうか判定できず、資金効率も低くなりがちです。また、短期間の運用結果を予想することはできません。

 

■テクニカル分析

nice template

株価チャートを利用して、対象となる株が過去にどのような値動きをしていたかを分析し、今後の動向を予測する手法です。
為替レートの将来の動向の予測については、ローソク足チャートの利用が有効です。

具体的には、ある銘柄の現在の値動きに、10年前や5年前の値動きとの類似性がみられる場合、その銘柄のこれからの値動きも、10年前、5年前の値動きと同じように進行していくと考えられるということです。

・長所は?
テクニカル分析は、過去の経験則や計算結果を元にした客観的な分析手法ですので、FX比較をしながら自分の先入観や期待感に左右されずに売り時や買い時を判断できます。また、短期的な値動きを予想することができます。

・短所は?
テクニカルの名前の通り、過去の実績を元にした機械的な分析ですから、企業の倒産や外部要因(悪いニュースなど)を加味して予測することができません。また、現在の値動きが必ずしも過去の値動きと同様になるとは限らないため、予測が外れる可能性もあります。